全ては完璧、〝ひとつ〟でしかない! という科学的な根拠

どんな〝科学的な証明〟もある側面からは否定もできるものですが、どんな科学者も『これだけは絶対だ』とするのが[エネルギー保存の法則]です。

それもそのはずで、科学や物理学が共通の文脈で何かを立証できるのはこのガイドラインがあってこそであり、この絶対的な大前提を否定したら〝科学〟自体が成立しなくなってしまうほどの基本法則だからです。

[エネルギー保存の法則]とは『エネルギーの総量は一定不変である』という、運動・熱・音・光・電気・磁気・化学変化・質量…ありとあらゆる自然現象を支配する基本法則なのです。

簡単にいえば、

どこかで火が燃えたら、どこかでそれ相応のコトが起き、、、

どこかで石が転がったら、どこかでそれ相応のコトが起き、、、

、、、というようなことが全て相関して起きていて、全体としてのエネルギー総量は変わらないということ。

もちろん僕らの日々の生活も最先端テクノロジーも、全て[エネルギー保存の法則]の中で起きているということになります。
『ガソリンが発火しエンジンがピストンしタイヤが回転して自動車が移動しママがお買い物にいく』というようなこと全てにおいて。
エンジンの熱、タイヤの摩擦、排出するCO2、ママが家族の健康と家計をふまえ特売のサバをチョイスする、など……森羅万象なエネルギーが複雑に巻き起こり絡み合いつつも、それらのエネルギーの総量は一定不変ということですね。

つまり!

どこかで誰かが恋をしたら、、、それ相応のコトが起き、、、かつ、全体のエネルギーの総量は変わらない、ということ!!

燃え上がる恋において誰かが嫉妬したり、結婚して子供が産まれたりと…因果応報、作用と反作用を含めた様々な事象が相関して巻き起こるのは世の常ですが、全体のエネルギーの総量は何も変わらないということ!!!?

(人間の情念や魂・生命のエネルギーに関してはまだまだ『科学的に』は解明されてないので、計り知ることもできませんが)

………なにせですよ!

ならばこの宇宙は始まって以来ずっとエネルギーが変わらず等しいということです。
、、、ビックバンから今にいたる過去も、現在も、そして未来も、全体エネルギー的には何も変わらないということですよね!?

大宇宙視点でみたら、何かが増えるわけでも減るわけでもなく、損も得もネガティブもポジティブも陰陽もなく、いつだって完璧に調和しつつエネルギーが相関推移しているだけの世界ということですよね!!?

ミクロ視点でみても、宇宙は〝粒〟と〝エネルギー〟のミックススープみたいなものですし。

その観点でいうと[私]も[あなた]もなく、[時間]という概念すらなくなりますし…むしろ宇宙は[私]の味わいでしかなく、[時間]という変化でしか語れないとさえいえます。

…もはや禅問答ですが。

なにしろです、

誰かがクシャミをしたらそれに相関して…どこかで戦争があればそれに相関して…どこかの星が消滅したらそれに相関して……何かが起き、全体としては調和している。

 

全ては繋がり、循環・相関・バランスしつづける、ひとつでしかない。

僕らはもともとひとつでしかないこの世界で、〝違い〟を楽しむ道楽者なんでしょうか?

 

『世界はひとつ』でしかないならば、それをひとつの言葉でまとめてしまえるはずです。

個人的には〝愛〟の一言がピンときます。

 

全ては〝愛〟!

それでいいじゃないか、というお話でした。

 

あわせて読みたい

 

で、〝愛〟について

 

◉ とすれば、全ては必然!? いやむしろ、偶然!!??

 

◉ とはいえ、科学も〝情緒〟なのか

関連記事一覧